学校の体育の授業で受け取ることもあり「水泳」も小学生に人気の習い事となっています。
小学校入学前から水泳教室へ伺う子もいますし、小学生である子もたくさんいます。
昨今の体育の授業では、泳げるのが当たり前のようになっています。
泳ぎ方に対して明るい説明があるわけでも、指導があるわけでもありません。
授業時間も少なく真にプールに入って泳ぎができる時間も少ないだ。
夏季だけほんの長時間受け取る授業内だけで泳げるようになるのは苦しいだ。
やはりそれだけで泳げるようになる子供もいますが、そういった子供ばかりではありません。
多少なりとも子供が学校で困らないようにと、習い事として水泳教室へ通わせる親は多いです。
逆を言えば、泳げる子供が多いからこそ、学校側も泳ぎ方を授けるなくても泳げてしまい、授業内ではいきなり泳がせるについてになるのです。
ですから泳げない子供は迷うため水泳教室へ伺うしか枯れる、そういう悪循環が起きているのが昨今の小学校です。
こんな事情から水泳教室は男女問わず人気の習い事となっています。

その他に水泳をすると体にすばらしいとして習わせる人もある。
泳ぐ時折全身を動かしますし、心配機能も鍛えられます。
左右対象の動きをするため体もひずみがたくなります。
喘息などの病気にも効果があるとして、水泳を習う子供も多いです。

水泳教室は、スクール専用の水着が必要になります。
その他のスイミングキャップ、ゴーグル、プールバッグなども自前のものでも大丈夫です。
専用の水着は費用も高めですが、入会特典として付けて掛かるところも多いので、入会金無料などかしこくキャンペーン時期に入会すれば水着代もかかりません。
入会金も通常は10000円くらいしますが、夏休み、冬休みなどに受け取る短期教室へ通えば、入会金は0円で入会できるというところも少なくありません。
また送迎に関しても、水泳教室が家の近くまで送ってくれる送迎バスを出しているところが多いため便利です。
月謝は、毎月5,000円〜8,000円くらいかかります。

水泳教室を小学生が習うメリット、デメリットを紹介します。
<メリット>
泳げるようになる結果自信が持てて、水泳の授業も困らないこと。
全身運動で体を鍛え上げることができる。
心配機能が向上するので体が丈夫になるといったことがあります。

<デメリット>
プールに含まれる塩素によって髪の毛や皮膚がカサカサになってしまうこと。
毎月、2ヶ月おきに受け取る進級テストに合格しないと次のことを教えてもらえないので、長く通わないといけないことがあります。DUOエッセンスセラムは楽天・Amazonより最安値で買えるってホント?