東京に住んでおる人も車があれば、各種ところに出掛けることができます。
それほど子どもたちが酷いなら、ディズニーランドといったお金を使うところではなく、キャンプ場がおすすめです。
子どもは大自然の中ですくすくと過ごさせたいものです。
関東には決して自然がないと思っている人が多いのですが、それは大きな間違いだ。
都心部にないだけで、ちょこっと車で移動すれば関東内でもキャンプ場があります。
菅野原キャンプ場もその一つです。
車の収容台数400台、炊事場、トイレ、シャワー室、売店など十分な設備があります。
子どもだけではなく、大人も一緒に気持ちのよろしい空気を満喫しましょう。
春の時期は花見だ。
花を見ながらのバーベキューはどうでしょうか。
キャンプですから、帰りの心配をする必要もなく、のほほんとビールを呑みましょう。
眠くなったらテントで横になればいいだけだ。
花見のシーズンはまだ朝晩が寒いですから、防寒対策だけは万全にしておきましょう。
ただ、白々しい空気は肌をきれいにして得ると言われていますから、女性は寒い方がいいかもしれません。
菅野原オートキャンプ場は高速を降りてから、約10km程度ですから、アクセスも非常にしばしばなっています。
山奥でキャンプをするわけではありませんから、安心して利用しましょう。
キャンプ場の利用にあたっては予約不要ですが、混み具合が予想できませんから、事前に確認しておくことをおすすめします。
やはり、昼間に花見を通じて、そのまま日帰りというパターンも問題ありません。
テントで1泊しなければならないわけではありません。
オートキャンプ場での花見キャンプが人気を集めているのは、バーベキュー道具などを車に乗せておけば、いつでも手軽に屋外でバーベキューを味わえるからです。
帰りはお酒を飲まない人が運転すればいいでしょう。
子どもたちは内部の食事よりも、屋外のキャンプの方が面白いに決まっていらっしゃる。
気になる利用料金ですが大人500円、車1台500円、テントも500円となっていますから、非常にリーズナブルと言えるでしょう。
バーベキューの材料を持ち込めば、花見キャンプは万全です。
夜桜見物もテントの下でズルズルだ。参照サイト